賃貸物件は募集をしてから入居者が決まるまでの時間が短い

バナー

賃貸物件は募集をしてから入居者が決まるまでの時間が短い

賃貸物件というのは、入居者募集をしてから入居者が決まるまでの時間が短いという特徴があるのです。
特に、毎年1月~3月は、早いもので1~2週間で入居者が決まると言われているのです。


ただおとり広告には要注意です。

おとり広告というのは、実際には存在しない物件を広告に出していることです。

これは、お客をお店に誘引することを目的にした架空の広告なので、付近の家賃相場よりも格安の物件としてだしていること多いのです。



おとり広告というのは法律違反なので、本来ならあってはならないものなのです。ですが物件を探す時には十分注意してください。


また広告に掲載されない情報の項目がある賃貸情報誌というのは、物件を探すときには手軽に利用できるものなのですが、スペースなどの関係で、その物件に関するすべての情報の項目を掲載することができません。例えば、2年に1度の契約更新の際に支払う更新料というのは掲載されていないのです。



それに、不動産会社に支払わなければならない仲介手数料の金額も掲載されてはいない場合がおおいのです。

インターネットによる賃貸の情報収集は広範囲の情報をすばやく収集できます。


なので、賃料相場を把握するのに非常に便利だと思います。情報誌というのは不動産屋から賃貸物件の広告を集めて消費者に届けています。

なので情報を集めてから発行するまでに1~2週間かかるので情報誌が発売された時点で、すでに成約してしまった賃貸物件が掲載されていることもあるのです。
ただ、情報誌は、数多くの情報を手軽に見ることができるというメリットがあるのです。